<< 大塚製靴にて | main | 猫です。 >>

スポンサーサイト

  • 2015.07.15 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


そしてキヨビスカへ、さらにロハスについての疑念



今夜は祖師谷にある、自然食居酒屋?キヨビスカにて食事をした。以前一度お茶をして以来この店は気に入っている。

今日は「夜ご飯セット」をいただいた。これは美味しい。味付けが適度で、関西出身の僕でも抵抗なく食べられる。玄米の炊き方も見事である。値段も手ごろで料理屋としては文句はない。
しかし、である。このお店もちろんスタッフの方々には悪気はないのだろうが、店全体の内外装デザインがややアレというか...「ナチュラル指向です、ロハスです、癒し系です...」というのが前面に出すぎという気がする。昔の木造アパートを改造した、いかにもレトロ調な建屋。裸電球照明。小学校のような木製の机。壁にはヘタウマ流の絵が飾られ、流れているLo-Fiなラウンジ系音楽。そう、悪く言ってしまえば「いかにも」な演出がクサいのである。エクスキューズが多すぎる気がするのである。

いや、気持ちは分かるのですよ。しかし、こういう路線は散々マーケティング屋に荒らされてしまったモチーフであって、下手をすると、そういう店と誤解されそうなのが心配なのである。ラーメン博物館的というか、3丁目の夕日風というか、もはやありえない懐かしさに逃げ込みたい人たちをおびきよせる、ニセの郷愁空間に見えてしまう。

それに、こういう演出は、ある種の人たちは強く惹きつけられるだろうが、逆に強い拒否感を持つ人たちも多そうだ。ロハス派の人たちは、それで良いのだろうか?ニッチなファンがいればそれでよいのだろうか。地球全体のことを考えるのがあなたたちの思考法ではなかったのか?

実は、やっている彼らの中にも自覚している人がいるだろうけれども、ロハスやら自然食やらというのは、新世代の贅沢趣味なのではないか?という疑問が湧いてしまう。有機栽培や健康飼育をすれば、確かに体い良い作物が得られるが、手間が増えたりして生産効率は落ち、確実にコストが上がる。すなわち、貧乏な人のお腹を満たすことはできないのだ。

地球に何百万人もいると言われている、餓死していくような人々をロハスで救えるだろうか。「健康で持続可能な生活」といっても、それは誰にとっての生活か。先進国の金持ちのことではないのか。という疑念・矛盾がどうしても残る。そのあたりをどう解決していくのかが、ロハス派の今後の課題ではないだろうか。

ちょっと話が脱線したが、かつてのニューエイジブームのように、ロハスがあやしげなオカルトまがいに堕落しないことを祈りたい。(ニューエイジの一つの究極がオウムであった。)玄米飯食って、ヨガやって、瞑想したら、ハイ!ロハス。ムード的な言説ではなく、科学的・数理的・論理的に戦略を語れる論客がロハス派にも必要であろう。誰にとって、どれぐらいの生活をどのように維持させるか。きわめて高度な政策論であり、タフな資源配分の問題にもつながるだろう。

たとえば、ある程度農薬を使ったほうが、最大多数の持続的生活のためには役立つという計算結果がもし出たならば、それに従うのが真のロハス人であろう。個々人の生活が多少犠牲になっても、全体の持続性が重視されなければ、単なるエゴイズムに過ぎないからだ。

...などと考えつつ、ひさしぶりに安井先生のサイトを見ると、ちょうど良い参考になる記事があったのでリンクしておこう。

スポンサーサイト

  • 2015.07.15 Wednesday
  • -
  • 06:12
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
リゾットに夢中
リゾットに夢中 (JUGEMレビュー »)
広井 雅次
リゾットでますます米好きになる!
recommend
Loveless
Loveless (JUGEMレビュー »)
My Bloody Valentine
とろけるような甘いノイズ世界。
recommend
Smile
Smile (JUGEMレビュー »)
Ride
青く疾走するノイズ。耽美的な英国ポップメロディー。
recommend
Orbital
Orbital (JUGEMレビュー »)
Orbital
テクノ美の極致。
recommend
Moving
Moving (JUGEMレビュー »)
Bugge Wesseltoft
シャープなクラブサウンドと、ジャズセンスの融合。ノルウェージャズって面白い!
recommend
FLAGE
FLAGE (JUGEMレビュー »)
ROVO
日本にこんなバンドがあったなんて! 人力演奏による、コスミックなトランスサウンド。クールな宇宙感覚と、熱いバンド演奏バトルが交錯する。プログレ、ジャズロック、フュージョンファンにもおすすめです。
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM